コーヒーかすを再利用したエココーヒー器具。日本初サスティナブルドリッパーに注目

コーヒーかすを再利用したコーヒー器具「SUS coffee」とは

sustainable と coffee を掛け合わせた SUS coffee(サスコーヒー)は、アイグッズ株式会社が手がけるオリジナルサステナブルブランドです。

このSUS coffeeより、新シリーズとして、コーヒー器具4アイテムが2021年11月中旬に発売されます。

『SUS coffeeコーヒーミル』

コーヒーカスを本体に使用したコーヒーミル。最大6杯分の粉が挽けます。

取っ手の先には、丸みを帯びた掴みがあり、コーヒー豆のようでかわいらしいシックな印象です。

2,750円(税込)

『SUS coffeeフレンチプレス』

蓋と外側にコーヒーかす素材を使用し、プラスチックを削減したフレンチプレス。フィルターは分解が可能なのでお手入れも簡単。

2,750円(税込)

『SUS coffee ドリッパー』

コーヒーかすならではの手触り・マットなブラウンの色合いが特徴のドリッパー。5~6杯のコーヒー粉が入るサイズで、便利な軽量スプーン付きです。

写真では確認しづらいですが、一つ穴のタイプでしょうか。抽出の特徴も気になります。

660円(税込)

『SUS coffee ビーンズクリップ』

10cmの縦幅でお豆を新鮮に保存できるビーンズクリップ。

3個セット440円(税込)

コーヒーにもサスティナブルを

コーヒーかすの活用は、昨今注目されている取り組みですが、先駆けてコーヒー器具への再利用を行っているSUS coffee。今後も、商品開発に注目が集まります。コーヒーかすを使用した質感をぜひ手に取って試してみたいですね。

▼外部リンク

プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000116.000032175.html