バリスタが使うケトルを扱うbrewistaから待望のガラスサーバーとドリッパーが日本上陸!

アメリカで多数問い合わせがあったガラスアイテムが日本でも発売

世界中で信頼されているコーヒー器具ブランドbrewistaより、 「Tornado Duo Double Wall Glass Dripper」「Glass Server」のガラスアイテムが2021年11月1日より全国で販売開始されます。

一般発売に先駆けて、 ブランド公式サイト< https://brewista.jp >では先行販売が行われています。

プロフェッショナル仕様のコーヒー器具ということでその機能性に注目が集まります。

特徴的な18のリブがあるダブルウォールガラスドリッパー

ひとつひとつ手作業で造られるユニークなこのドリッパー。

竜巻のような構造で、 下に行くにつれて徐々に直線になります。 クリーンで純粋な、 スペシャルティコーヒーならではの果実感や透明感を最大限に抽出できるように計算されています。

見た目とともに価格も高級感のあるドリッパー。味にどのような変化が現れるのかが気になりますね。

2色展開が美しいガラスサーバー

特徴的なのは、多角形でワイドなデザイン。このデザインは、ワインのデカンタの機能性と形状から着想を得たもの。フレーバーを解放、持続させることを目的としたデザインになっています。ビター感が抑えられ、 甘さのあるコーヒーが抽出できるそうです。

手作業で色付けされたブルーのカラーも気になりますね。

▼外部リンク

プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000066740.html