独自構造「カップ オン ドリッパー」のモンカフェ、パッケージ全面リニューアル

どこでも簡単に楽しめるコーヒー

独自構造「カップ オン ドリッパー」のモンカフェ、パッケージ全面リニューアル

片岡物産株式会社は、どこでも簡単に楽しめるドリップタイプのコーヒー「モンカフェ」について、パッケージデザインを全面リニューアルしました。

クリアな味わいと挽きたての香り

「モンカフェ」の特徴としては、フィルターがコーヒーに浸からない独自の構造をした「カップ オン タイプ」のドリッパーで、コーヒー本来のおいしさのみを引き出した、ハンドドリップのような雑味のないクリアな味わいを実現しています。

また、挽きたてのコーヒー豆をすぐにパックし、個包装として酸素を通さないアルミ箔を使用、個包装1つ1つに脱酸素剤を入れることで、徹底的に酸化を防いでおり、ドリップコーヒーでありながら、挽きたての香りを存分に楽しむことができます。

今回行われたパッケージデザインの全面リニューアルでは、「モンカフェ」の独自構造「カップ オン タイプ」が視覚的に分かりやすく表現した、スタイリッシュなデザインになりました。

「モンカフェ」では「マイルド ブレンド」「スペシャル ブレンド」など9種の商品を展開中で、価格は10袋入りで540円~972円としており、各商品の挽き方、品種など、詳しい情報については、「モンカフェ」商品一覧より確認できます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「モンカフェ」商品一覧
https://www.moncafe-hikitate.com/product/

プレスリリース
https://www.kataoka.com/press.html