9月発売!昭和レトロな喫茶店をイメージしたコーヒー豆

喫茶店をテーマにした新商品を発売

9月発売!昭和レトロな喫茶店をイメージしたコーヒー豆

2021年8月5日、キーコーヒー株式会社は来月1日から「珈琲専門店の香り ブレンドコーヒー」と「珈琲専門店の香り クラシック」を発売すると発表しました。

インテージが行った調査によると、コーヒー豆市場は昨年よりも拡大していることがわかっています。

自宅で過ごす時間が増加し、コーヒーを飲む機会が増えたことや、豆を使ってコーヒーを淹れる生活者が増えたことが市場拡大の理由と考えられています。

コーヒー豆の主要購買層も調査したところ、60代以上が多いことが判明。

この世代はよく喫茶店を利用していた世代に近く、近年では若年層にも純喫茶ブームが到来していることから、喫茶店をテーマにした新商品を発売することになりました。

まさに喫茶店で楽しんでいたコーヒー

今回発売の「珈琲専門店の香り」はなんと、同社が喫茶店へ業務用として提供してきたコーヒーを家庭用にしたもの。

まさに喫茶店で楽しんでいたコーヒーを、自宅で楽しむことができるのです。

同商品のテーマは「時間を味わう1杯」であり、喫茶店でゆっくり味わうコーヒーをイメージして、じっくりと焙煎しました。

メキシコやコロンビアをブレンドした「ブレンドコーヒー」はブラウンシュガーのような優しい甘みを感じられるコーヒー。バランスの取れたコクと酸味も特徴です。

やや深煎りに仕上げた「クラシック」はエチオピアやブラジルなどをブレンドしています。マイルドな苦みとベリーのような後口が自慢のコーヒーに仕上がりました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

キーコーヒー株式会社 プレスリリース
https://www.keycoffee.co.jp/news/2021/210804_1.html

 

SNSでシェアする