レギュラーコーヒー豆21種類が上島珈琲店より発売

7月21日より先行発売中

レギュラーコーヒー豆21種類が上島珈琲店より発売

UCCグループは、上島珈琲店 苦楽園本店などでレギュラーコーヒー豆21種類を、7月21日より先行発売中です。

コーヒーのプロが現代日本人向けに開発

UCCグループは、1933年の創業よりコーヒーの生産国での栽培から焙煎加工、品質保証などコーヒー関連事業を全て自社で手がけているほか、世界初の缶コーヒーを開発するなど、日本のコーヒー事業を切り開いてきたグループです。

そんなUCCグループより今回、それぞれのストーリー・シーンを設定して製品とした、レギュラーコーヒー豆が21種類発売されました。

また、9種類については、UCCグループが培ってきた技術と知識を基に、現代の日本人が好む味覚を徹底的に分析・設計して開発した新たなレギュラーコーヒー「LIMITED EDITION」として提供されます。

レギュラーコーヒー豆21種類のストーリー・シーンや味覚イメージについては、プレスリリースより確認可能で、販売価格は700円~2,680円です。

販売店舗は、上島珈琲店 苦楽園本店、上島珈琲店No.11、上島珈琲店公式オンラインショップで、オンラインショップはフレーバー3種除く全種類、他2店は全種類の販売としています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

上島珈琲店公式オンラインショップ
https://www.ueshima-coffee-ten-onlineshop.net/

プレスリリース
https://www.ufs.co.jp/news/

SNSでシェアする