コーヒーは食前と食後どちらで飲む方が良い?

コーヒーが体に良いと聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。しかし「いつ飲むのがいいのか」と飲むタイミングを疑問に思う人はいるでしょう。実は、コーヒーは飲むタイミングによって得られる効果が異なるため、ほしい効果に合わせた飲み方がおすすめです。

この記事では、食前と食後にコーヒーを飲んだ場合のメリットやデメリットを紹介します。それぞれの効果を効率的に得ながら、楽しいひと時を過ごしてみてください。

コーヒーで得られる効果とは

コーヒーにはカフェインをはじめとする成分が含まれており、さまざまな効果が期待できる飲み物です。例えばコーヒーを飲むことで自律神経の働きを高めたり、集中力の向上が見込めたりします。

他にも生活習慣病のひとつである糖尿病の予防や体脂肪の燃焼促進効果も期待できるなど、体に良い影響を与える飲み物といえるのです。

またお酒をよく飲む人に、コーヒーはおすすめです。コーヒーに含まれるカフェインには肝臓や腎臓の働きを助ける役割があり、アルコールの分解や排出をスムーズに行ってくれます。そのためコーヒーを飲むことで、二日酔いの予防も期待できます。

食前にコーヒーを飲むことで得られるメリット・デメリット

コーヒーの効果が理解できたところで、コーヒーをいつ飲むのがおすすめなのかと疑問に思う人もいるでしょう。食前と食後にコーヒーを飲んだ場合、得られるメリットやデメリットが異なるため、自分が望む効果を得られる飲み方をするのがおすすめです。

まずは食前にコーヒーを飲んだ場合には、どのようなメリットやデメリットがあるのかを確認しましょう。

・食前にコーヒーを飲むメリット
食前にコーヒーを飲んだ場合、空腹感を抑えやすくなります。コーヒーを飲むことで満腹中枢が刺激されるため、空腹を感じにくくなるのです。

他にも食前のコーヒーには、眠気を抑える効果も期待できます。コーヒーに含まれるカフェインには眠気覚ましの役割があるため、食前にコーヒーを飲むことで食後の眠気を抑えやすくなるのです。

またコーヒーに含まれるクロロゲン酸が脂肪を燃焼してくれるため、ダイエット効果も期待できます。そのためダイエットをしている人には、食前のコーヒーがおすすめといえるでしょう。

・食前にコーヒーを飲むデメリット
食前にコーヒーを飲むことで考えられるデメリットは、胃が荒れやすいことです。食前は胃に何も入っていない状態です。空っぽの胃にコーヒーが入ってくると、カフェインが胃液を過剰に分泌してしまい胃を荒らしやすくします。

そのため胃の弱い方や体調の優れないときは、食前にコーヒーを飲むのは控えましょう。

食後にコーヒーを飲むことで得られるメリット・デメリット

では次に、食後にコーヒーを飲むことで得られるメリットやデメリットを紹介します。食前に飲む場合とは異なる効果を得られるため、それぞれの特徴を比較しましょう。

・食後にコーヒーを飲むメリット
コーヒーに含まれるカフェインによって胃液が分泌されるため、食後にコーヒーを飲むと胃の中をスムーズに消化してくれます。

コーヒーの香りにはリラックス効果が期待できるため、食後の休憩によいでしょう。コーヒーの香りのは脳を活性化させる働きもあり、コーヒーを飲む際は芳醇な香りを堪能するのがおすすめです。

またコーヒーに含まれるポリフェノールには、シミの元になるメラニンの生成を抑える役割があることから、美白に効果的といえます。ポリフェノールはいつ飲んでも体に吸収されますが、食後に飲むコーヒーが1番吸収されやすいと報告されているのです。

他にも食後に飲むコーヒーは血糖値の上昇を抑える効果が期待できるため、糖尿病の予防に良いとされています。

・食後にコーヒーを飲むデメリット
食後にコーヒーを飲むことで考えられるデメリットは貧血です。食後にコーヒーを飲むと鉄分の吸収が阻害されるため、貧血を起こしやすくなります。そのため貧血が気になる人は、食後30分以内にコーヒーを飲むのは控えると安心です。

効率よくコーヒーの効果を得よう

コーヒーには自律神経の働きを高めたり、集中力を向上できたりと、さまざまな効果が期待できます。そのため少しでも効率よくコーヒーの効果を得られるように、コーヒーを飲む時間を工夫するのが大切です。

現在ダイエット中の人であれば、食前にコーヒーを飲むのがおすすめです。コーヒーに含まれるクロロゲン酸が脂肪を燃焼してくれます。ただし胃の弱い人や体調の優れない人は、食前のコーヒーは避けましょう。

美肌を目指している人には食後のコーヒーがおすすめです。コーヒーに含まれるポリフェノールを効率よく吸収でき、シミができにくい肌へと導いてくれます。ただし貧血気味の人は鉄分の吸収が阻害されるため、食後30分以上経ってから飲むようにします。

コーヒーの効果をより得やすくするために、目的に応じて飲む時間を調整してみましょう。