「珈琲館」のグランドメニューがもっと美味しくなって新登場

2年の歳月を経て美味しくパワーアップしたメニュー

「C-United株式会社」は、全国の「珈琲館」と「珈琲館 蔵」にて、グランドメニューのリニューアルを行いました。

今回のリニューアルは2015年以来となり、「理想の喫茶店」を追求し、約2年もの間メニューの内容・味わい・見栄えについての研究と試作を繰り返したそう。ようやく完成した自信作に期待が高まります。

コーヒータイムに彩りを添える充実のラインナップ

「珈琲館」は、1970年に東京神田神保町に1号店をオープンして以来、「一杯のコーヒーに心をこめて。」というポリシーの下、一杯ずつハンドドリップで丁寧に淹れる本格コーヒーの提供をし続けてきました。

また「喫茶店」ならではの、伝統的なホットケーキやナポリタン、フルーツ牛乳ミックスといった、どこか昔懐かしいノスタルジックな雰囲気の味わいのメニューと空間にも、ほっと一息くつろげるポイントです。

今回のグランドメニューリニューアルでは定番の「炭火珈琲」・「トラディショナル・ホットケーキ」など超ロングランメニューはそのままに、主にフードラインアップの充実を図り、全12品ものメニューが追加された他、一部現行メニューもリニューアルとなりました。

新メニューの「とろける濃厚チーズのホットドッグ/サラダ付き(500円)」や、「たっぷり野菜のハムチーズサンドイッチ(580円)」、「燻しベーコンのB.L.Tサンド/サラダ付き(790円)」は低価格ながらボリューミーで軽食やランチにぴったりの他、デザートには本格派の「ティラミス(530円)」や、「プレミアムフロステ・クッキー&クリーム(680円)」などコーヒー以外のドリンクメニューも充実です。

そしてメインのコーヒーは、炭火珈琲を始めとし、完熟珈琲・珈琲館ブレンド・蔭干し珈琲などの他に、アメリカン・キリマンジァロ・マンデリンも。それぞれ味に違いが個性的で、お気に入りの一杯を見つけてみてはいかがでしょうか。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

珈琲館
https://www.kohikan.jp