コーヒーオイルは健康に良い?悪い?コーヒーオイルを徹底解説

コーヒーを入れたとき、表面に油が浮いていると思ったことはありませんか?また、焙煎されたコーヒー豆の表面がテカテカとツヤがあるのを見たことがある人もいるかもしれません。

コーヒーの表面に浮かんだ油やコーヒー豆のテカリは、コーヒーオイルと呼ばれるものです。

ですが、このコーヒーオイルをコーヒーと一緒に飲んでしまっても良いのか、疑問ですよね。

そこで今回は、コーヒーオイルについて、健康への影響や効果などについて徹底解説します。ぜひ最後まで読んで、美味しいコーヒーを入れるのに役立ててくださいね。

コーヒーオイルって何?

コーヒーオイルとは、コーヒー豆に含まれる植物性の脂質です。

焙煎したコーヒー豆がテカテカしていたり、コーヒーを入れた時に表面に油が浮いていたりするのは、コーヒーに含まれる油分によるものです。

コーヒーには約15%の油脂が含まれています。しかし、生豆の状態では表面はテカテカしていません。焙煎するとテカテカと油分が浮き出てきます。

生豆を熱して焙煎すると、生豆に含まれている水分が蒸発し、豆の組織が破壊されます。破壊されてもろくなると、表面に細かな亀裂が生じ、亀裂から内部に含まれていた油脂がにじみ出して、表面がテカテカするのです。

ですから、焙煎度合いが深いものほど表面にテカリがあります。色の濃いものほど深く焙煎されているので、黒々としたコーヒー豆のほうがテカテカしているのは、内部の油分が多くにじみ出しているからです。

このコーヒーオイルは、飲んでも害がないのか気になる人も多いでしょう。そこで次項ではコーヒーオイルの健康面への影響について解説します。

コーヒーオイルは健康面でどのような効果があるのか

結論から言うと、きちんと保管された新鮮なコーヒー豆であれば、コーヒーオイルは健康に害はありません。

しかし、焙煎してから時間が経っているコーヒーや、きちんと保管していないコーヒーの場合、コーヒーオイルが酸化してしまい、健康に悪影響が出る可能性があります。

悪いコーヒーオイルの場合
古いコーヒー豆や保管方法が間違っているコーヒー豆でコーヒーを入れると、コーヒーオイルが劣化して酸化してしまい、おいしくないコーヒーになってしまいます。

一見しただけでは分からなくても、コーヒー豆からいやな匂いがしたり、風味が落ちてしまっていたりすることで気づけます。口当たりも悪くなるので、決して美味しいとは言えないでしょう。

また、コーヒーオイルが酸化したコーヒーを飲むと、お腹を下してしまったり気分が悪くなったりしてしまうので、保存状態の悪いコーヒーや古いコーヒーを飲むのは避けたほうが良いでしょう。

良いコーヒーオイルの場合
新鮮で焙煎したばかりの挽きたてコーヒーは、風味もよくコクもあるので美味しいです。

入れ方にもよりますが、浅煎りより深煎りのコーヒーのほうがコクがあり重めのテイストになります。これは、コーヒーオイルがにじみ出た量と関係しています。

また、コーヒーオイルには香り成分が多く含まれているので、良いコーヒーオイルであれば香りも豊かです。

なお、エスプレッソの表面にある「クレマ」と呼ばれるクリーミーな泡の層は、コーヒーオイルが乳化したものになります。クレマにはエスプレッソの香りを閉じ込める重要な役割があります。

エスプレッソを作る際には、上質なコーヒーオイルが多いほうがクレマができやすいので、コーヒーオイルがよりにじみ出ている深煎りの豆が使用されます。

しかし、劣化したコーヒー豆でエスプレッソを作ろうとすると、コーヒーオイルが劣化しているので、上手にクレマができません。このため、美味しいエスプレッソを入れるには特にコーヒーオイルの鮮度が重要になります。

コーヒーオイルは正しく保管しないと劣化しやすくなります。美味しいコーヒーを飲むには、正しい保管方法で、コーヒーオイルを酸化させないよう気を付けましょう。

新鮮なコーヒーオイルで美味しいコーヒーを入れよう

今回は、コーヒー豆のテカテカやドリップで入れたコーヒーの表面に浮かぶコーヒーオイルについて、成分や健康への影響についてご紹介しました。

コーヒーオイルとはコーヒー豆に含まれる油脂で、香りや風味、口当たりにも大きく影響するものです。

新鮮なコーヒーオイルなら、風味や香りがよく、よりコーヒーを美味しく感じられます。

しかし劣化したコーヒーオイルの場合、酸化臭がしたり風味や口当たりが悪くなったりするため、美味しくないコーヒーが出来上がります。

さらに味や風味だけでなく、お腹をこわしてしまったり、気分が悪くなったりする可能性もあります。

ですから、劣化してしまったコーヒー豆は使用を避けたほうが良いでしょう。

コーヒーオイルに限らず、油分は酸化し劣化します。コーヒー豆は正しく保管して、なるべく新鮮なうちに飲みきることをおすすめします。

コーヒーを飲む時にはコーヒーオイルの新鮮さにも着目して、美味しいコーヒーを楽しみましょう。