コーヒーキャニスターでキャンプ用のコーヒー豆をおしゃれに持ち運び・保存しよう

コーヒーキャニスターでキャンプ用のコーヒー豆をおしゃれに持ち運び・保存しよう

キャンプなどアウトドアを趣味にする人も大分増え、外でおいしくコーヒーを入れて飲むことにこだわりを持っている人も増えてきています。

確かに、自然の中でゆっくりと味わうコーヒーは格別においしく感じられますよね。

とは言え、コーヒー豆は生鮮食品と同じように、鮮度が落ちてしまうとおいしさも半減してしまいます。

アウトドアという特別な状況下でも、きちんとした保官方法で味や香りの劣化を防ぐことが、おいしいコーヒーを入れる秘訣とも言えるでしょう。

今回は、キャンプ用のコーヒー豆を適切に保存・持ち運びできるコーヒーキャニスターの選び方と、アウトドアにおすすめのおしゃれなコーヒーキャニスターをご紹介します。

キャンプで使うキャニスターの選び方

キャンプに持って行くキャニスターを選ぶ際に、重要視したいポイントは3つあります。それは、「密閉性の高さ」「遮光性の高さ」「持ち運びやすさ」です。

密閉性の高いキャニスター

密閉性の低い容器では、コーヒー豆が酸素に触れる機会が増えて酸化が進み、味にえぐみが生まれてしまいます。また、空気中の湿気を吸収してしまうことで、香りや風味も失われてしまいます。

遮光性の高いキャニスター

そして、遮光性の低い容器では紫外線が多く当たってしまうため、コーヒー豆の劣化を早めてしまうと言われています。

ですから、できる限り密閉性が高く空気の出入りが少ない容器で、かつ遮光性の高い容器を選べば、アウトドアに出掛けた際にもおいしいコーヒーを入れられることになるでしょう。

ただし、遮光性について言えば、透明容器の場合にはカバーをかけたりすることで光を遮ることができますので、工夫するのもひとつの方法でしょう。

持ち運びやすいキャニスター

残るひとつの「持ち運びやすさ」では、大きさ・形・重さ・丈夫さ・密閉性などについて吟味する必要があります。倒れた際にこぼれてしまわない丈夫さや密閉性が必要ですし、荷物が多いキャンプなどでは、コンパクトに荷造りしやすく軽いキャニスターが重宝すると言えるでしょう。

家庭用は200gサイズが一般的ですが、持ち運びを重視するのであれば1杯12gを目安に飲む分の容量で選ぶことをおすすめします。

編集部おすすめ!キャンプ・アウトドアシーンで活躍するキャニスター

それでは、コーヒー豆の保管に重要な要素である「密閉性の高さ」「遮光性の高さ」「持ち運びやすさ」の3点を踏まえたうえで、そのすべてを叶えてくれるキャンプやアウトドアシーンで活躍してくれるおすすめコーヒーキャニスターをご紹介します。

【Zebrang(ゼブラン) コーヒーキャニスター50G】
「天候やアウトドア環境に左右されないキャニスターが持ち運びサイズに」というキャッチコピーを掲げているアウトドアコーヒーブランド「Zenrang」のコーヒーキャニスター。3つの機能性「密閉性・遮光性・携帯性」を搭載した正に持ち運び専用のアウトドア用コーヒーキャニスターと言えるでしょう。

特徴

  • 特許取得の密閉構造
  • 遮光率100%
  • 72mm×65mm=50gを持ち運び

容量:コーヒー豆約50g
素材:鋼版
構造:特許取得の密閉構造

密閉性が高いキャニスターであれば、新鮮な豆をその場で楽しむことができ、容器を開けた瞬間の香りはコーヒー欲を益々高めてくれるでしょう。コーヒーの主役はやっぱり豆。ここまで容器にこだわるかという方にはぴったりのアウトドア用コーヒーキャニスターと言えるのではないでしょうか。

キャンプでもおいしいコーヒーを

アウトドアやキャンプでおいしいコーヒーを入れるなら、コーヒー豆を適切に保存できるコーヒーキャニスターを使うことをおすすめします。

キャニスターを選ぶ際には、コーヒー豆の香りや風味を損なわないために「密閉性」と「遮光性」の高いものを選ぶともに、「持ち運びやすさ」も考慮に得て選ぶと良いですよ。

また、コーヒー豆を劣化させる要素には「熱」もありますので、直射日光が当たる場所やコンロの周辺に置かないように気をつけましょう。

以上のポイントを押さえて、自然の中でおいしいコーヒーを堪能してみてください。

SNSでシェアする