キャンプで至極のコーヒーを味わいたい!おしゃれな道具で入れる時間も楽しもう

キャンプなどのアウトドアシーンでリラックスして飲む美味しいコーヒーは格別の味です。

インスタントコーヒーやドリップカップでも十分コーヒータイムを楽しめますが、道具からこだわってみると、さらに素敵な時間を過ごすことができるでしょう。

今回は、キャンプでこだわりのコーヒーを楽しむための道具を紹介します。

・こだわりの道具で美味しいコーヒーを入れたい!【コーヒーメーカー編】

アウトドア用のコーヒーメーカーがあれば、いつでもどこでもカフェのような入れたてのコーヒーを楽しむことができます。

しかし、キャンプなどのアウトドアが人気の昨今では、道具もたくさんあって、何を選ぶとよいのか迷うほどです。

ここでは、キャンプで美味しいコーヒーを入れるだけでなく、おしゃれさも兼ね備えたおすすめのコーヒーメーカーを厳選して紹介します。

BIALETTI(ビアレッティ)『BRIKKA』
100年以上もイタリアで愛され続けた調理器具メーカーのビアレッティが作るBRIKKAは、特殊バブルが内蔵された直火式のエスプレッソメーカーです。

キャンプでも、「美味しいエスプレッソが飲みたい!」と思っている人におすすめのBRIKKAは、モカエキスプレスの進化版で直火式マキネッタの中で唯一、本場イタリア式のクレマが乗った本格的なエスプレッソを入れることができます。

BRIKKAは、収納に少し難のあるフォルムですが、イタリアらしくおしゃれで美味しいエスプレッソが入れられると人気です。キャンプなどのアウトドアシーンで、このBRIKKAを使いコーヒーを入れたら注目されること間違いなしでしょう。

BRIKKAは、4カップ用と2カップ用の2つのサイズが用意されています。

カフラーノ『 オールインワン コーヒーメーカー』
カフラーノのオールインワンコーヒーメーカーは、豆を挽くところからドリップ、入れたコーヒーを保存するタンブラーまで、これ1つで完結してしまう優れものです。

そのため、荷物を少なくしたいキャンプなどにピッタリのコーヒーメーカーといえるでしょう。

使い方もとても簡単で、まずセラミック製のグラインダーに持参した豆を入れてお好みのサイズまで挽きます。

その後、永続的に使い続けることができるエッチング加工を施したステンレス製のフィルターに粉を入れて本体上部に収納されたドリップケトルでコーヒーを入れると耐熱性のタンブラーに入れたてのコーヒーが入る仕組みになっています。

タンブラーの底には、シリコンのすべり止めがついているので安心です。

ロゴス(LOGOS) 『見える! エスプレッソメーカー』
日本のアウトドアブランドの草分け的存在として知られているロゴスのエスプレッソメーカーは、思わず「可愛い!」と声が出てしまうようなフォルムとコーヒーが入る様子を見ることができる透明な容器が人気です。

エスプレッソはもとより、粉の量を少なくすると普通のコーヒーも楽しめる優れものなので、気分によってコーヒーの種類を変えることができるでしょう。

また、丈夫なだけでなくアウトドア用のバーナーや自宅のガスコンロで使用できるので、家でも美味しいエスプレッソが楽しめます。コーヒーがコポコポと湧き上がるのをゆっくり眺めるのもキャンプの醍醐味です。

・こだわりの道具で美味しいコーヒーを入れたい!【ドリッパー編】

キャンプでも、「ドリップコーヒーが楽しみたい!」「コーヒーは、やっぱりドリップコーヒー」と考えている人におすすめのドリッパーを紹介します。

キャンプだからこそドリッパーにもこだわって美味しいコーヒーを入れてみましょう。

MUNIEQ(ミュニーク)『Tetra Drip』
今までのドリッパーの概念を覆すような独創的な組み立て式ドリッパーです。

同じ形状をした3枚の薄い板を組み立てることで思わず「カッコいい!」といってしまうようなフォルムのドリッパーが出来上がります。

そのドリッパーに円錐形のフィルターをセットしてお気に入りのコーヒー粉を入れ、お湯を注ぐだけで美味しいコーヒーを飲むことができます。組み立て式のドリッパーは、空気が抜けやすいので雑味が少なくスッキリとした味わいのコーヒーが好きな人におすすめ。

MUNIEQ(ミュニーク)のTetra Dripは、折りたたむと厚さが約0.9mm、重さ約40gなので、荷物を増やしたくないキャンプにピッタリです。

IFNi ROASTING & CO.(イフニ)『Mt.FUJI DRIPPER(standard)』
Mt.FUJIは、「誰でも美味しいコーヒーを入れることができるドリッパー」をコンセプトに作ったドリッパーをさかさまにしたら、富士山の形をしていたので、そのように名付けられました。

ドリッパーで美味しいコーヒーを入れるためには蒸らす過程が大切になりますが、従来の側面がふさがれているドリッパーだと時間がかかります。

しかし、ワイヤータイプのドリッパーを使うことによって、空気の逃げ道が多く均一に蒸らすことが可能となりました。また、粉全体を同時に蒸らすことができるので、成分の抽出も均一で時間も短縮できます。

さらに、湯だまりを作らないことで、雑味が出てくる前にコーヒーを入れ終わるメリットもあります。

E-PRANCE 『コーヒードリッパー ステンレスフィルター』
E-PRANCEのステンレスフィルターは、コーヒーオイルを通さないペーパーフィルターと違い、コーヒー本来の風味や後味の甘みを強く感じることができるのでキャンプでもスペシャリティコーヒーを楽しみたい人におすすめのドリッパーです。

また、ナイロンや金属のメッシュフィルターを使うフレンチプレスと同じようにコーヒーオイルを抽出できます。

コーヒー粉を多めに使用するフレンチプレスと違い従来のドリップコーヒーと同じ量のコーヒー粉でフレンチプレスのような味わいが楽しめるのがメリットです。

ただし、ペーパーフィルターと違い、ステンレスフィルターはお湯を通しやすいので、フィルターではなく、コーヒー粉に直接お湯を注ぐようにすることが大切です。もし、フィルターにお湯を注いでしまうと抽出液が薄くなってしまいます。

また、コーヒーを入れ終わったフィルターにコーヒーオイルが付着しているので、なるべく早く清掃するようにしましょう。

キャンプでもお気に入りの道具でコーヒーを楽しもう!

コーヒーは、入れる道具やプロセスによっても美味しさが変わる面白い飲み物です。そのため、キャンプなどのアウトドアシーンでも、美味しいコーヒーを入れるための道具が注目されています。

非日常を楽しむキャンプだからこそ、器具にこだわってみてはいかがでしょうか。きっといつもよりも素敵なコーヒータイムを楽しむことができるでしょう。