コーヒーにも旬があるって知っていた?コーヒーを味わうべき時期や見分け方を紹介

コーヒーにも旬があるって知っていた?コーヒーを味わうべき時期や見分け方を紹介

日本では、一年中コーヒー粉や豆を手に入れることができるため、コーヒーの旬と聞いてもピンときませんが、コーヒーも他の果物や野菜と同じ農産物です。そのため、「旬」というものが存在しています。

今回は、意外と知られていないコーヒーの旬と味わうべき時期や見分け方などを紹介します。

コーヒーの旬って?

日本では、真夏の暑い時期や寒い真冬でも美味しいコーヒーの豆や粉が手に入ります。

そのため、コーヒーはどの時期に飲んでも美味しいものだと思っていますが、実はコーヒーにも旬が存在します。

忘れてしまいがちですが、コーヒーは他の果物などと同じ農産物なので、美味しく飲めるタイミングがあります。これがいわゆるコーヒーの「旬」です。

例えば、日本人になじみ深いお米ですが、これも旬があります。いわゆる一年に一度だけ市場に流通する「新米」といわれるお米で、この時期のお米を楽しみにしている方もたくさんいるのではないでしょうか。

コーヒー豆も、一年に一度収穫されることが多く、収穫した豆を脱穀、乾燥、品質チェックなどの処理を経て日本に来た豆がお米の「新米」にあたる「ニュークロップ」といわれる豆になります。

収穫時期は地域によって違うので旬も違う

では、コーヒーの旬は、いつ頃かというと、これが「いつ」とはいえません。

コーヒーが収穫される場所は、いわゆる「コーヒーベルト」と呼ばれる北緯25度線と南緯25度線上の赤道付近になります。具体的にいうと、ブラジルやコスタリカ、メキシコ、インドネシア、ベトナム、インド、ケニア、エチオピアなどがコーヒーベルトにあたる国です。

そのため、北半球のコーヒーベルトの産地では10月~3月、南半球の産地は、4月~9月、赤道直下では年2回収穫されるため、コーヒーの旬であるニュークロップの時期も変わってきます。

さらに、コーヒー豆は収穫されてからさまざまな工程を経て出荷されるため、日本に届くのは収穫後3カ月から半年ほど後になります。

そのため、日本でニュークロップのコーヒーを味わえるのは産地が北半球の場合で春~夏、南半球で取れたコーヒー豆は秋~冬頃になると覚えておくと良いでしょう。

ニュークロップはどんな味?

「せっかくだからニュークロップのコーヒーを味わってみたいけれど、どんな味がするの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

ニュークロップのコーヒー豆で入れたコーヒーは、酸味が強く、香りが高いという特徴の他にも、お湯を注いだときに粉がモコモコします。

酸味が強いコーヒーは、好みがわかれるところですが、酸味が強く香りが高いのは鮮度の良いニュークロップならではの特徴です。せっかくなので、フレッシュなコーヒーの香りと味を楽しんでみるのもおすすめです。

ニュークロップの見分け方

旬のコーヒーをニュークロップと呼びますが、この「クロップ」は、「年度」という意味です。

そのため、「2019-2020クロップ」のように呼ばれていますが、年度をまたいでいるのはコーヒーの収穫時期が関係しています。

コーヒー豆の収穫は、毎年10月から始まるので、10月1日から翌年の9月30日までの間に収穫されたコーヒーは同じ年度のものとして扱われるのです。

ちなみに、「コーヒーの日」「国際コーヒーの日」は収穫日にちなんで10月1日に制定されています。

流行のスペシャリティコーヒーは、一番新しい収穫年度のコーヒーが基本なので、豆を買うときは、収穫年度をチェックすると良いでしょう。

しかし、コーヒー豆の袋には焙煎日の日付は明記されていても、収穫日が記載されているものは少ないのが実状です。そんなときは、店員や焙煎士に確認してみることをおすすめします。

コーヒーの産地別でわかる日本の旬は?

では、簡単にコーヒーの産地別による日本の旬の時期を紹介しますので、豆を購入するときの参考にしてみてください。

ブラジルの豆の場合は、12月~3月、コロンビアは一年中収穫できますが、強いて旬をあげるとすれば、代表的な産地の旬として4月~6月頃となります。

また、エチオピアは6月~9月、グアテマラの豆は7月~10月、インドネシアのマンデリンは2月~5月、タンザニアの豆は12月~3月となっていますが、同じ産地でも気候によって収穫時期が違うこともあります。

このカレンダーもある程度の参考となってしまいますが、基本的なスケジュールを知っておけば、ニュークロップのコーヒーを探しやすくなるでしょう。

ニュークロップのコーヒーの美味しい入れ方は?

ニュークロップのコーヒーは、どのように入れればその美味しさを存分に味わえるのでしょうか。

ニュークロップの特徴である酸味や香りを楽しむためには、暑い時期でもホットで飲むことをおすすめします。

また、ミルクを入れてしまうと香りも薄くなってしまうので、ブラックで味わってみましょう。どうしても、アイスコーヒーにしたい場合は、コールドブリューではなく、ホットコーヒーを冷やすようにすると香りを感じやすくなります。

一度は飲んでみたい!旬のコーヒー

旬のコーヒー「ニュークロップ」は、生産地によって日本で飲める時期が違います。

そのため、ニュークロップだけにこだわるなら、ほぼ一年中、香り高いスペシャリティコーヒーが飲める可能性もあります。

いつでも飲めるコーヒーだからこそ、あまり意識していなかったコーヒーの旬にも、スポットを当てて美味しいコーヒーを飲み比べてみるのも楽しいでしょう。

また、お気に入りのコーヒーの旬を知っておくと、味の違いにも気付くかもしれません。ぜひ、旬のコーヒーを楽しんでみてくださいね。

SNSでシェアする