「猿田彦珈琲」がコーヒー豆国際品評会で1位のコーヒー豆の提供を元旦より開始

世界最注目のコーヒー豆が、猿田彦珈琲で味わえる

猿田彦珈琲「ニグセ・ゲメダ・ムデ」

猿田彦珈琲株式会社が運営する「猿田彦珈琲」は、エチオピアで初開催となったスペシャルティコーヒー国際品評会「エチオピアカップ オブエクセレンス2020」にて1位を受賞したコーヒー豆の単独落札を行いました。

その記念企画として「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」にて落札記念メニューを特別価格で元旦より販売いたします。

優勝豆「ニグセ・ゲメダ・ムデ」のポテンシャルとは

今回の品評会で優勝し猿田彦珈琲が単独落札した「ニグセ・ゲメダ・ムデ」で、今回は2種類の特別メニューを提供します。まず、ドリップコーヒーでの特徴は、ジャスミンの華やかな香りに、パインアップルや白桃のようなフルーティーさも感じられ、飲んだ後にも口の中で甘い後味が続くのが特徴となっています。価格は1杯分1350円、2杯分はサーバーでの提供となり2000円となっています。

またエスプレッソでの特徴は、ラベンダーのようなアロマの濃密な口当たりが楽しめ、カプチーノではカシスやダージリンのような味わいにジャスミンの香りも合わさり、1口飲むたびに複雑なハーモニーを感じられるのだとか。こちらはエスプレッソシングルショット1 杯、カプチーノ1杯(ショートサイズ)のセットで、2000円での提供です。

ドリップでも、カプチーノ&エスプレッソ、どちらでも複雑な味わいの中に、口いっぱいに広がる華やかさと温度によって、飲み方によって変わってくる煌びやかな甘みの変化の過程を是非ご堪能あれ。

コーヒー豆の販売は、原宿店とオンラインショップでも行うので遠方の方はこちらもチェックしてみてください。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

猿田彦珈琲
https://sarutahiko.co/

SNSでシェアする