コーヒービール?堀口珈琲×コエドブルワリーの新銘柄7月20日(水)発売

コーヒービール?堀口珈琲×コエドブルワリーの新銘柄7月20日(水)発売

スペシャルティコーヒー専門店の堀口珈琲は、クラフトビールメーカーの越戸ブルワリーと5年目となるコラボレーションを実施。

真夏のコーヒーエールとして【暮音-Kureoto-(くれおと) 】が7月20日(水)に、秋冬のコーヒーポーターとして【克一黒 -Kokuikkoku-(こくいっこく)】が10月に、いずれも数量限定で発売されます。

コーヒービール?

コーヒーのリキュールやカクテルは聞き覚えがありますが、コーヒーのビールはまだ馴染み深くないですよね。

どちらの銘柄も、堀口珈琲が焙煎したコーヒー豆を、コエドブルワリーが醸造したビール(ベースビール)に漬け込んでつくられているのだそう。コーヒー豆の香りや味わいが溶け込んだビールだそうです。

【 暮音-Kureoto-(くれおと) 】

液色が淡く飲み口もライトで、「夏の夕暮れ時」の最初の一杯として最適。 柑橘やベリーなどの果実感が感じられるエチオピア「【ウォルカ】クレイウォット ナチュラル」 シティロースト」を、淡い金色の「ゴールデンエール」スタイルのビールと組み合わせました。すっきりとした飲み口ながらも、モルト(麦芽)の優しい甘みに、コーヒー豆の甘い香りと果実感が綺麗に溶け込んだ繊細な味わいに仕上がっています。

  • 価格:437円(税込)
  • 販売開始 :7月20日(水)
  • 原材料 :麦芽・コーヒー豆(エチオピア「【ウォルカ】 クレイウォット ナチュラル」シティロースト)・ホップ
  • 種類:発泡酒(麦芽比率50%以上)
  • アルコール度数:5.0%
  • 内容量:333ml

【克一黒 -Kokuikkoku- 】

  • 価格:未定
  • 販売開始:10月末予定
  • 原材料:麦芽・コーヒー豆(ケニア「カイナムイファクトリー」フレンチロースト)
  • ホップ 種類:発泡酒(麦芽比率50%以上)※
  • アルコール度数:5.0%
  • 内容量:333ml

 

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000068009.html

https://kohikobo.com/

https://coedobrewery.com/jp/

 

SNSでシェアする