夏キャンプは美味いアイスコーヒーを作ろう【アウトドアコーヒーギアメーカー直伝!】

夏キャンプは美味いアイスコーヒーを作ろう
関東は早くも梅雨明け!日差しと汗が絡みつくような暑さ、夏本番になってきた。爽やかで標高のある山へキャンプに行く方も、暑さを楽しみ川や海キャンプへ行く方も、今年の夏キャンプの楽しみは、「キリっと爽快で目が覚めるような最高なアイスコーヒー」をセレクトしてみてはいかがだろうか。
ゼブランのドリッパーを使ったアイスコーヒーの作り方を紹介する。
持ち物はいつも通りで真似しやすいレシピにしているため、キャンプで淹れたてのアイスコーヒーを飲みたくてそわそわする人が増えてくれたら嬉しい。

使用する道具

・コーヒー豆(アウトドアコーヒーZebrang)
・氷
・コーヒードリッパー(V60フラットドリッパー)
・マグカップ(真空二重マグコーヒーメーカー)
・コーヒーミル(ハンドコーヒーミル)
・ケトル(計量ドリップポット)
・ペーパーフィルター(V60 ペーパーフィルター02)

さっそく淹れてみよう!1人分アイスコーヒーの作り方

❶コーヒー豆は中挽き(ザラメくらい)の粗さにミルを設定して、20gの豆を挽く

POINT
豆の粗さはホットと変わらずに

❷マグカップの6~8分目くらいまで氷を入れる

❸②で氷を入れたマグカップの上にドリッパーとペーパー、①で挽いたコーヒー粉をセット

❹計量ドリップポットに160mlの沸騰したお湯を移す

❺それでは、氷が入ったマグのうえに直接ドリップをしよう。コーヒー粉全体がしめる程度に(約40ml程度)お湯を注ぎ、30秒蒸らす

❻残りのお湯(120ml)を3回に分けて(40ml×3)中心にのの字を書くように注ぎ入れて完成!

POINT
・氷の上へ直接ドリップすることで、透き通ったキリっとしたアイスコーヒーが出来上がる。氷が溶けることを考慮してホットの時より濃く抽出したいので、お湯は細口で丁寧に入れると良い。
・⑤~⑥で3分以内に終わらせよう。

2人分以上の時は?分量について

今回は1人用のアイスコーヒーレシピを紹介したが、2人分以上の時の分量についても紹介。
大事なのは、『コーヒー豆:お湯=1:8』の比率にすること。1人分は「20g:160ml」2人以上の量を作りたい場合は人数に合わせて、比率を保ったまま調整すれば安定したアイスコーヒーが楽しめる。

今年の夏キャンプはアイスコーヒーをハンドドリップで!

難しくレシピを記載したが、要は氷の上に直接ドリップすること、氷の分濃くドリップすることがホットとの違いだ。 テクニックと新しい道具は不要。是非夏キャンプの楽しみに試してみてはいかがだろうか。

SNSでシェアする