ワイン醸造の手法を活用したコーヒー豆「UCC直営農園 ハワイコナ アナエロビコ」が予約受付開始

ワイン醸造の手法を活用したコーヒー豆「UCC直営農園 ハワイコナ アナエロビコ」が予約受付開始

「UCCハワイコナコーヒー直営農園」で栽培され、近年注目されている “アナエロビコ※(アナエロビックファーメンテーション、嫌気性発酵)”というワインの醸造で使われる手法を活用した、コーヒー豆の精製過程で発酵プロセスを経たハワイコナコーヒーを、「UCCカフェメルカード」など全国22店舗にて、2022年6月15日(水)より先行で予約受付を開始し、7月1日(金)より数量限定にて販売します。

ワイン醸造の手法とは?どんなコーヒー豆?

今回取り入れている手法 “アナエロビコ”(アナエロビックファーメンテーション、嫌気性発酵)は、ワインの醸造で使われる手法で、密閉して空気に触れさせず、無酸素状態で嫌気性の微生物のみによる発酵で風味を形成します。

コーヒーにもその過程を応用したトライアルを行っており、どことなくワインのような風味を感じられる、クリーミーな口当たりとシロップのような甘い余韻を感じていただけるのが特長です。

今回販売する『UCC直営農園 ハワイコナ アナエロビコ』はこれらの特長に加え、ドライフルーツのような風味も感じられる、柔らかく広がるコクが心地よい一杯をお楽しみいただける逸品です。

『UCC直営農園 ハワイコナ アナエロビコ』

  • 先行予約受付開始:2022年6月15日(水)から
    • 数量限定。販売開始は7月1日(金)~なくなり次第終了
    • ハワイコナ アナエロビコ100gご購入の方にオリジナルタオルハンカチプレゼント
  • 販売:『UCCカフェメルカード』20店舗、『カフェノバール』2店舗
  • 価格:100g 4,860円(税込)

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000074056.html

https://shop.ufs.co.jp/ufs/spot/list?category=11

SNSでシェアする