スタバ年間約100トンのプラスチック削減!アイスドリンクの蓋がなしに。

スタバ年間約100トンのプラスチック削減!アイスドリンクの蓋がなしに。

スターバクッスは、店舗から出る廃棄物のさらなる削減に向けて、店内のアイスドリンクのリッド(蓋)なし提供を6月13日(月)から全国へ拡大します。これにより年間約100トンのプラスチック削減が見込まれるようです。

テスト導入から夏本番に全店導入へ

今回のアイスドリンクの蓋なし提供は、2022年4月より113店舗で先行導入していたそう。そして満を持して全国の約1,700店舗に取り組みの輪を広げることにより、年間約100トン※ のプラスチック削減効果を見込むのだそうです。

本来なくても実は良かったものが分かり、ユーザーからも賛同を得られたことから実現した取組みです。

「すぐに飲むため、ふたは不要で、ごみを減らせる簡単なアクションと感じました」など、ポジティブな声も実際にあるのだとか。

スターバックスは2030年までに廃棄物を50%削減

スターバックスがグローバル、および日本で掲げる、2030年までに廃棄物を50%削減するという目標に向けて、店内でのマグ・グラス提供の推奨、マイタンブラー利用促進など多様な選択肢をご提案し、使い捨て資材削減の歩みをさらに加速していきます。

現在の取組み一覧

  • FSC®認証紙ストローを導入
  • ペーパーカップ、ストロー不要リッド(蓋)提供
  • 国内106店舗 樹脂製グラス提供

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2022-4680.php

SNSでシェアする