タリーズコーヒーも環境対策のアクションを展開。プラカップ廃止、紙カップを提供

タリーズコーヒージャパン株式会社は、より一層の環境対策として今回の2つアクションを展開します。

  1. HOT/COLD 兼用紙カップ全国全店舗へ順次導入
  2. リジナルの再生紙の紙ストロー「シルバースキン配合紙ストロー」を、タリーズコーヒーの一部店舗にて導入

プラスチック使用量が年間100t以上削減

タリーズコーヒーも環境対策のアクションを展開。プラカップ廃止、紙カップを提供

現在一部地域の店舗にて提供されていたHOT/COLD兼用の紙カップですが、これを5月より全国の店舗へ順次導入を拡大します。

また、紙カップでの提供となるコールドドリンクについてはストロー不要のふたを使用していくそう。

なんとこれによりプラスチック使用量が年間100t以上削減される見込みだそうです。

紙ストローに対する不満点を解消したオリジナル紙ストローを一部店舗導入

また、5月よりオリジナルの再生紙の紙ストロー「シルバースキン配合紙ストロー」を、タリーズコーヒーの一部店舗にて導入します。これまでの紙ストローに対する不満点(紙臭など)を解消し、ドリンクの味への影響にも配慮した製品です。

こちらも全国導入と繋がるのか気になりますよね。

今回導入する紙ストローは、コーヒー豆を焙煎している「タリーズコーヒー ロースティングファクトリー」で排出されたシルバースキン(コーヒー豆皮)を紙にアップサイクルしているそうです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000318.000020545.html

https://www.tullys.co.jp/

SNSでシェアする