コーヒーを飲まずに楽しむ「コーヒーキャンドル」おしゃれにエコ

コーヒーを飲まずに楽しむ「コーヒーキャンドル」おしゃれにエコ

「CANDLE HOUSE Chou Chou」は、「廃棄豆」や再利用材を使用してつくった那須珈琲蝋燭-NASU COFFEE CANDLE-を5月中旬より販売します。

「廃棄豆」って?コーヒーカスとの違い

コーヒーカスの再利用に取り組む事例はコーヒー業界やアパレルなどで目にすることも増えてきたのではないでしょうか。

今回は「廃棄豆」を使ったキャンドルが販売されます。

「廃棄豆」とは、賞味期限切れや、新しく仕入れた生豆のテスト焙煎を行ったり、厳選された豆の選別など店舗により様々な理由でお客様への販売・提供ができなかった豆です。

「CANDLE HOUSE Chou Chou」がある那須高原には、自家焙煎を行っている珈琲店やカフェがたくさんあるそう。

こだわりを持ってじっくりと作られた珈琲豆を無駄にせず、別の形で那須を訪れた方の手に取って欲しい。そんな中考えたのが、地元の珈琲店から出た「廃棄豆」を使ったキャンドルです。

全ての材料にサステナブルなこだわり

那須珈琲蝋燭は、改良と実験を幾度と重ね、地域で使われなくなったものを活かすことをベースとして商品開発されています。

  • 廃棄豆
  • ロウ:蝋には近隣のチャペルや式場から使用済みのキャンドルを回収・自社で精製し、再生蝋として使用
  • 芯:芯には日光杉の間伐材を使用

販売時期:2022年5月中旬

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000085793.html

https://chouchoustyle.com/

SNSでシェアする