コーヒーに一滴でコクと甘み『ハニ蜜』がMakuakeにて販売

コーヒーに一滴でコクと甘み『ハニ蜜』がMakuakeにて販売

創業大正元年のはちみつ屋、株式会社松治郎の舗と、オールラウンド・バリスタであり“珈琲を愛しすぎた男”【岩崎 泰三】がタッグを組み、コーヒーの旨味を最大限引き出す専用はちみつ「ハニ蜜」をMakuakeにて販売しています。

はちみつ×コーヒーの相性

(1)味わい

コーヒーにハチミツを入れることで、コクが出て、コーヒーの味わいにさらに深みを出すことができます。

その理由は、ハチミツに多く含まれる「果糖」「麦芽糖」にあります。「果糖」は砂糖より甘くコクがあり、「麦芽糖」には旨味があります。

そのため、砂糖で甘味を加えた場合に比べて、甘さにコクと旨味が加わり、コーヒーの複雑な風味と相まって、味に深みを出すことができます。

(2)健康

・カロリーが低い

ハチミツの甘味は砂糖の2倍ですが、カロリーは砂糖の80%と言われます。砂糖よりも少量で甘味を出せるため、カロリーを抑えることができます。

・栄養価が高い

天然のハチミツはビタミン、カルシウム、鉄分といった27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、89種類の酵素、ポリフェノールなど150種を超える栄養素が含まれています。やさしい甘さで一息付け、体調がすぐれない時の強い味方になります。一方で、砂糖は糖分が豊富ですが他の栄養素はほとんどありません。

ブレンドはちみつ『ハニ蜜』詳細

  • 価格:早期特典40%OFF 2,700円 → 1,620円
  • 限定数限定 100本
  • 内容量 :250g
  • 原材料 :甘露蜜(フランス)・とちはちみつ(国産)

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

https://www.atpress.ne.jp/news/307872

https://www.makuake.com/project/matsujiro/

SNSでシェアする