茶事を現代流に表現【星のや東京】の「Nippon キュイジーヌ〜発酵〜」アフタヌーンティー

茶事を現代流に表現【星のや東京】の「Nippon キュイジーヌ〜発酵〜」アフタヌーンティー

圧倒的非日常を提供する「星のや」。東京・大手町の日本旅館「星のや東京」は、茶事になぞらえたアフタヌーンティーを 2022年4月15日より提供を開始します。

江戸時代、武士の嗜みの一つであった茶の湯と、免疫力を高めるといわれる発酵食品とフレンチの融合を楽しめるコース料理「Nippon キュイジーヌ 〜発酵〜」の要素をかけあわせた新たなアフタヌーンティーです。

「Nippon キュイジーヌ ~発酵~」アフタヌーンティーの特徴

  1. 茶事の流れを表現

茶事とは、茶の湯において懐石、濃茶、薄茶をもてなす正式な茶会のこと。星のや東京では、この茶事になぞらえ、茶懐石として点心とお酒、濃茶と主菓子、薄茶と干菓子を「Nippon キュイジーヌ 〜発酵〜」で表現し、提供します。 点心、主菓子、干菓子の一つ一つ、すべてに発酵食品を使用しています。

  1. 茶事をなぞらえたペアリング

茶事のメインとなる濃茶は、フレンチプレスで抽出するコーヒーとして猿田彦珈琲と協力の元、選定したオリジナルブレンドのコーヒーを用意。主菓子の柑橘や桜など軽やかな味わいに合わせ、フルーティーな苺の香りを感じる豆を使用し、ほろ苦くなるように焙煎しています。発酵食材と合わせてコーヒーもアナエロビックというコーヒー豆を発酵させる手法を用いています。

点心には季節の食材に合わせた日本酒を用意し、干菓子とあわせる薄茶には、薪火晩茶を合わせます。

  1. 畳の上で味わうお重

星のや東京の畳の間で、スタッフが茶事の流れに合わせて、飲み物を提供します。また、アフタヌーンティーの器は、古代の日本建築を知るうえでも重要な遺品である法隆寺の玉虫厨子をイメージして作成した、星のや東京にしかないオリジナルのお重です。

「Nippon キュイジーヌ ~発酵~」アフタヌーンティー概要

  • 期間    :2022年4月15日から通年
  • 時間    :15:00〜16:00
  • 定員    :1日1組(2名)
  • 料金    :1名12,000円(税・サービス料込)*宿泊料別
  • 場所    :星のや東京2階ロビー畳の間
  • 含まれるもの:星のや東京「Nippon キュイジーヌ 〜発酵〜」
  • アフタヌーンティー(点心、デザート5種、ミニャルディーズ5種、
  • 落雁、スパークリング日本酒、オリジナルブレンドコーヒー、薪火晩茶)
  • 予約 :要予約。公式サイト([https://hoshinoya.com/tokyo/)にて 3 日前まで受付
  • 対象者   :星のや東京宿泊者
  • 備考    :状況によりメニューの内容、食材が一部変更になる場合があります。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

https://www.atpress.ne.jp/news/306253

https://hoshinoya.com/tokyo/

SNSでシェアする