「モスバーガー&カフェ」CO2排出量を抑えた燃料で焙煎したコーヒーにリニューアル!

「モスバーガー&カフェ」CO2排出量を抑えた燃料で焙煎したコーヒーにリニューアル!

CO2排出量を抑えられる燃料バイオコークス

「モスバーガー&カフェ」48店舗は、2022年3月24日(木)よりコーヒーかす(コーヒー抽出残渣)のバイオコークスで焙煎したコーヒー豆を使用した「ブレンドコーヒー」「カフェラテ」「アイスカフェラテ」をリニューアル発売します。

バイオコークスとはどんな燃料?

コーヒーかす、茶殻、食品残さ、間伐材などのバイオマス(再生可能な、生物由来の有機性資源)を原料として製造する固形燃料で、2005年に近畿大学が開発したそう。

光合成を行う植物資源等を100%原料にしているため、CO2の排出量を抑えることができる環境に配慮したエネルギーとして期待されているんだそうです。

CO2削減だけじゃない!SDGSなコーヒー

また、今回使用しているコーヒー豆は、ブラジルの優良産地であるモジアナ地域およびセラード地域で、障がいのある生産者が丁寧に栽培・収穫した「ダイバースコーヒー」を一部配合しています。このコーヒー豆を扱うことで、誰もが平等に働ける持続可能な環境と価値の発信につなげます。

SDGsの取り組みを強化

今回の取り組みにより17のSGDsの目標のうち「⑦エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「⑧働きがいも経済成長も」「⑩人や国の不平等をなくそう」という目標の達成に貢献するモスフードサービス。

今後もコーヒーに関連したSDGsに注目が集まります。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000110.000075449.html

https://www.mos.jp/

SNSでシェアする