世界第2位のコーヒー生産国ベトナムからリスのマークのCONSOC COFFEEが登場

世界第2位のコーヒー生産国ベトナムからリスのマークのCONSOC COFFEEが登場

CONSOC COFFEEはどんなコーヒー?

リスのマークのCONSOC COFFEEは、ベトナムの農業労働組合会社が製造するブランドです。

ベトナムコーヒーの中でも全体の1%しか生産されていないアラビカ種のみを使用した希少性が高いコーヒー。そのままブラックでもマイルドで飲みやすくヘーゼルナッツのフレーバーが甘い香りを引き立てます。

4月15日発売、先行発売として3月20日より愛知県星が丘テラスの「るるビオ・エピスリー星が丘店」「フードオアシスあつみ山田店」で販売中です。

CONSOC COFFEEはこんな味

そのままブラックで飲まれてもスッキリした飲み味。

ヘーゼルナッツフレーバーのやわらかい香りが甘みを感じさせ、コーヒーが苦手な方も飲みやすいと人気で、グルメコーヒーとして流通しているそうです。

ベトナムでは、エッグコーヒーやヨーグルトコーヒー、アボガドコーヒーなども流行っているそうです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000096893.html

https://mti-michinoeki.com/service/consoc_coffee/

SNSでシェアする