失敗しないプレゼント用コーヒー豆の選び方【注意点も解説】

  • 公開日:
  • 更新日:
  • by
失敗しないプレゼント用コーヒー豆の選び方

コーヒー好きの友人や家族にコーヒー豆をプレゼントしたいけど、どのように選べばよいか分からないと悩んでいませんか。
コーヒー豆を選ぶ際は、プレゼントしたい人に、好きなコーヒーの味わいやコーヒーミルを持っているか、普段のコーヒーの淹れ方を聞くことで失敗せずにコーヒー豆をプレゼントできます。

この記事では、コーヒー豆をプレゼントする前に確認すること、コーヒー豆の選び方について解説します。
プレゼント用のコーヒー豆の選び方を知ることで、相手に喜んでもらうことができますよ。

コーヒー豆をプレゼントする前に確認すること【3選】

コーヒー豆をプレゼントする前に、相手に確認して欲しいことが3点あります。

●好きなコーヒーの味わい
●コーヒーミルを持っているか
●普段のコーヒーの淹れ方

コーヒー好きと一口で言っても、好きなコーヒーの味わいや普段のコーヒーの淹れ方で、もらって嬉しいものは変わってきます。
上記の3点を聞いておくことで、失敗しないコーヒー豆選びができますよ。順番に解説していきますね。

好きなコーヒーの味わい

1つめは、好きなコーヒーの味わいを聞くことです。コーヒーにはさまざまな味わいがあります。
酸味や苦味、フルーティーさ、甘みなど多くの味わいが存在します。そんな多岐に渡る味わいの中から自身でコーヒー豆を選ぶのは難しいので、直接相手に聞いてしまいましょう。
「どんな味のコーヒーが好き」と聞いてもよいですが、相手がコーヒーにそこまで詳しくない場合は「苦味と酸味ではどっちが好き」と聞きましょう。
コーヒーの味わいは大別すると酸味と苦味に分けられるからです。これでコーヒー豆を選ぶ1つの指標ができます。

コーヒーミルを持っているか

2つめは、コーヒーミルを持っているかを確認することです。コーヒーミルを持っていれば、コーヒーを豆の状態でプレゼントしても問題ありません。
しかしコーヒーミルを持っていなければ、コーヒー豆を挽けないので、飲むことができません。
コーヒーミルを持っている場合は、豆の状態でプレゼントすることをおすすめします。豆の状態の方が、おいしさが長持ちするからです。
コーヒー豆をプレゼントする前に、コーヒーミルを持っているか確認しておきましょう。

普段のコーヒーの淹れ方

3つめは、普段のコーヒーの淹れ方を確認することです。ドリップパックで淹れているのか、コーヒー豆を挽いているかなどです。
普段ドリップパックで淹れているのなら、コーヒー豆を挽くことに手間を感じている可能性があるので、注意する必要があります。
相手の普段のコーヒーの淹れ方を知り、相手に合わせたコーヒー豆をプレゼントしましょう。

失敗しないコーヒー豆の選び方【3ステップ】

コーヒー豆の選び方は3つあります。

●予算
●購入場所
●コーヒー豆の種類

コーヒー豆を選ぶ際は予算や購入場所、コーヒー豆の種類を決めなければいけません。上記の3点を抑えることで、コーヒー豆をスムーズに選ぶことができますよ。順番に解説していきますね。

予算

1つめに、予算を決めましょう。予算を決めると、コーヒー豆の選択肢を絞ることができるからです。
コーヒー豆の価格は種類によって、数百円から数万円と幅広くあります。
まずは自身の予算を決め、それからコーヒー豆を探していきましょう。

購入場所

2つめに、購入場所を決めましょう。コーヒー豆の購入場所は下記の2つが主流です。

●ネット販売
●コーヒーショップ

どちらで購入しても値段に違いはありません。ネット販売は好きなお店で多くの種類のなかから、いつでも購入できるので、時間のない人におすすめです。
コーヒーショップでは、試飲させてくれるお店もあるので、探している味わいを失敗せずに購入できるのがメリットです。 近くにコーヒーショップがない、時間がないという人はネット販売を利用。コーヒーショップが近くにある人は、足を運んで購入することをおすすめします。

コーヒー豆の種類

3つめに、コーヒー豆の種類を決めましょう。コーヒー豆にはさまざまな種類があります。
たとえば、相手が「酸味のあるコーヒーが好き」と言ったとしましょう。しかし酸味のあるコーヒーにも多くの種類があります。

そんな多くの種類の中からコーヒー豆を選ぶのは迷ってしまうはずです。そこで味わい別におすすめのコーヒーを下記で紹介します。

●くせがなくバランスの取れた味わい:ブラジル、コスタリカ、コロンビア
●酸味のある味わい:エチオピア、ケニア
●苦味の効いた味わい:インドネシア

上記を参考にコーヒーを選べば、失敗せずにコーヒー豆をプレゼントできますよ。

コーヒー豆をプレゼントして喜んでもらおう

コーヒー豆をプレゼントするには、相手が普段、どんなコーヒーをどのように淹れているかを知ることが大切です。
今回紹介した方法でコーヒー豆を選ぶことで、プレゼントした相手の笑顔が見られると思います。ぜひ試してみてくださいね。

SNSでシェアする