アウトドアでも気軽にハンドドリップがしたい人へ!至福のコーヒータイムを叶えるアイテムのご紹介!

アウトドアでも気軽にハンドドリップがしたい人へ

ハンドドリップで淹れるコーヒーって奥深いですよね。蒸らしの時間や注ぐお湯の温度など、少しでも変わるとコーヒーの味わいも変わっていくのが不思議なところ。そんなハンドドリップコーヒーですが、キャンプなどアウトドアシーンでハンドドリップをしたい人も多いと思います。今回はそんな人たちにおすすめできる、ゼブランのV60フラットドリッパーと計量ドリップポットについてご紹介します。

Zebrang(ゼブラン)「V60フラットドリッパー」と「計量ドリップポット」

私がキャンプなどアウトドアシーンで実際に使用しているのが、ゼブランが展開しているコンパクト収納が可能な「V60フラットドリッパー」と、お湯を注ぐのに便利な「計量ドリップポット」です。

このアイテムたちを使い出してから、アウトドアシーンでのハンドドリップがグンッと楽ちん&自分好みの美味しいコーヒーが淹れられるようになりました!

ドリッパーとドリップポットの魅力をご紹介!

ここではドリッパーとドリップポット、それぞれの魅力をお伝えします。

どこでも持ち運びが楽ちんなV60フラットドリッパーはマストアイテム!

ハンドドリップをする際に必須アイテムであるドリッパー。ゼブランのV60フラットドリッパーは、円錐形のひとつ穴でスパイラルリブがポイント。
コーヒー豆の旨味をしっかり抽出するのはもちろん、さまざまな好みに合わせた淹れ方ができます。
重量はホルダー合わせて約70g。くるくるっとまとめるとコンパクトに収納が可能です。ポケットサイズになるので、持ち運びの際に場所を選ばないのが嬉しいポイント。

抽出のコントロールがしやすい“計量ドリップポット”

ゼブランの計量ドリップポットは、ハンドドリップをする際にお湯の注ぎ方をコントロールできるのが最大の魅力です。今まではクッカーなどでそのまま注いでいましたが、計量ドリップポットを使い出してからは繊細なお湯のコントロールができるようになり、好みの味わいのコーヒーが楽しめるように。
しかも沸騰したお湯を注ぐだけで、コーヒーの抽出推奨温度93℃に近づけることができるのも特徴です。さらに温度を下げたい場合は、30〜1分ほど置けばOK!
また、落としても割れないPCT樹脂を素材に採用しているので、何が起こるか分からないアウトドアシーンでは嬉しいところ。

V60フラットドリッパーと計量ドリップポットの使い方はこちら!

ここでは実際にV60フラットドリッパーと計量ドリップポットを使ってコーヒーを淹れていきます。
どんな感じで使うのかが伝わると思いますので、興味ある人はぜひチェックしてくださいね。

V60フラットドリッパーをセットしていきます。ドリッパー本体の両端をボタンで留めます。

ホルダーをカップにセットし、その上にドリッパーを乗せます。

ペーパーフィルターをドリッパー本体にセットし、お好みのコーヒー豆を入れる。

沸騰したお湯を計量ドリップポットに移し替える。

少しずつお湯を入れるのですが、コントロールしやすいので注ぎやすいのが魅力。

蒸らしをしてから、さらにお湯を注いでいく。

完成です。

アウトドアシーンでハンドドリップコーヒーが楽しみたい人におすすめ!

今回ご紹介したV60フラットドリッパーと計量ドリップポットは、ハンドドリップを楽しみたいコーヒー初心者の人にはもちろん、「ハンドドリップに挑戦してみたいけれど、でもちょっと不安」という人にこそ、使ってみて欲しいと思います。

もちろんアウトドア以外に日常でも使えるので、V60フラットドリッパーをご自宅で使用するのも可能。アウトドアでも自宅でもハンドドリップコーヒーを楽しみたい人はチェックしてくださいね。

ハンドドリップはちょっとレベルが高い……と感じる人にはコレ!

ハンドドリップコーヒーに興味はあるけれど、いまいち踏み出せない……という人には、ゼブランの真空二重マグコーヒーメーカーをおすすめします。
このアイテムは、挽いたコーヒーをメッシュフィルに入れてお湯を注ぎ3分待つだけで美味しいコーヒーが完成します。

※ハンドドリップとは異なり長時間コーヒー豆をお湯に浸水させるため、同じ豆を使ってもハンドドリップとはコーヒーの味わいが全く変わるのが不思議なところ。

こういったいろんなコーヒーメーカーを使ってから、ハンドドリップに挑戦してみてもいいでしょう。

キャンプなどアウトドアシーンでハンドドリップコーヒーを楽しもう!

「ハンドドリップで上手に淹れられない」という人もいますが、私は上手に淹れられなくても全然いいと思います。むしろハンドドリップは色々な淹れ方があるため、自分好みの味わいを見つける時間として楽しんで欲しいと思います!
自分が淹れたハンドドリップコーヒーをキャンプで味わうひとときは、失敗してもしなくても至福のひとときになりますよ。
ぜひ「V60フラットドリッパー」と「計量ドリップポット」を使って、アウトドアシーンでハンドドリップコーヒーを楽しんでくださいね!

SNSでシェアする