【コーヒーアレンジ】ミルクブリューの楽しみ方を解説

  • 公開日:
  • 更新日:
  • by
ミルクブリューの楽しみ方を解説

最近ミルクブリューという言葉を耳にするようになり、どんなコーヒーなのだろうと気になっていませんか。
ミルクブリューは、挽いたコーヒー豆を牛乳や豆乳などのミルクに漬け、ゆっくりと時間をかけて抽出したコーヒーです。

この記事ではミルクブリューとはなにか、ミルクブリューの作り方、コーヒーショップでのミルクブリューの楽しみ方を解説していきます。
ミルクブリューについて知ることで、コーヒーをさらに楽しむことができますよ。

コーヒーのミルクブリューとは

ミルクブリューとは、挽いたコーヒー豆をミルク(牛乳)に漬けて抽出したコーヒーです。

コールドブリューという言葉を耳にしたことはありませんか。水出しコーヒーとも呼ばれています。挽いたコーヒー豆をお茶パックなどに入れ、水に漬けてゆっくりと時間をかけて抽出するコーヒーです。
ミルクブリューは「水」ではなく「ミルク」で抽出するため、コーヒー牛乳とは違い、牛乳以外の原料が含まれていません。そのため、コーヒー本来の味わいを楽しめます。

【コーヒーアレンジ】ミルクブリューの作り方を丁寧に解説

ミルクブリューを作る際は、確認して欲しいポイントが3つあります。またミルクブリューを作る際に注意して欲しいポイントもあります。準備と作り方は以下のとおりです。

確認ポイント
●コーヒー豆の焙煎度合い
●コーヒー豆の挽き目
●コーヒー豆とミルクの量

作り方
●冷蔵庫で静置する

順番に確認ポイントと作り方を解説していきますね。

確認ポイント1:コーヒー豆の焙煎度合い

コーヒー豆の焙煎度合いは、深煎りがおすすめです。深煎りの豆は重厚な苦味とコクがあるので、ミルクのまろやかな味わいにマッチします。
たとえるなら、よい意味でコーヒー牛乳の甘さを無くした「大人向けのコーヒー牛乳」です。

しかし浅煎りの豆でも問題はありません。なぜなら人によって好みの味わいが違うからです。浅煎りでは苦味が薄くなり、ミルクティーのような味わいを楽しめます。
どちらも試してみて自分好みのミルクブリューを見つけましょう。

確認ポイント2:コーヒー豆の挽き目

コーヒー豆の挽き目は、中細挽きがおすすめです。なぜなら挽き目が粗いと、コーヒー豆の成分を充分に引き出せないからです。
コーヒー豆の成分を引き出せないと、味わいの薄いミルクブリューになってしまいます。しかし、挽き目が細かすぎても雑味が出てしまいます。
ミルクブリューを作る際は、コーヒー豆の挽き目を中細挽きにしましょう。

確認ポイント3:コーヒー豆とミルクの量

コーヒー豆とミルクの量は、コーヒー豆10g当たり、ミルクの量125mlを目安としましょう。コーヒー豆とミルクの比率が崩れると、ミルクブリューの味わいが薄くなったり、濃くなりすぎたりするからです。

この比率で美味しいミルクブリューを作ることができます。ただし濃度感も人それぞれ好みがあります。そのため、まずはコーヒー豆10gとミルクの量125mlで作り、好みの濃度感に合わせてコーヒー豆の量を調整しましょう。

これでおいしいミルクブリューを作る準備は完了です。準備したコーヒー豆をお茶パックや専用のパックに入れ、容器の中にパック一式を投入します。

作り方:冷蔵庫で静置

準備したパック一式を容器の中に入れたら、そこにミルクを注ぎます。ミルクを注ぐとコーヒー豆の抽出が始まるので、冷蔵庫で8時間ほど静置しておきましょう。
パックは入れっぱなしにして、8時間後に完成するタイミングで取り出します。

冷たいものでコーヒー豆を抽出するので、成分が溶け出し完成するまでに時間がかかります。抽出までに時間のかかるところが、ドリップコーヒーとの大きな違いですね。
8時間後にはおいしいミルクブリューの完成です。

コーヒーショップのミルクブリュー

コーヒーショップでもミルクブリューを見かけることが増えてきたと思います。ミルクブリューといってもコーヒーショップによって、味わいがさまざまです。
使用しているコーヒー豆はもちろん、ミルクの種類も違います。コーヒーショップによっては豆乳やアーモンドミルク、オーツミルクなど種類が豊富です。
いろいろなコーヒーショップに足を運び、自分好みのミルクブリューを探しましょう。

コーヒーアレンジでミルクブリューを楽しもう

ミルクブリューは自分でも簡単に作れるアレンジコーヒーです。手間がかからず、一度で大量に作れるのも嬉しいポイントです。
深煎りの豆や浅煎りの豆、ミルクの種類など素材を変えて、自分好みのミルクブリューを楽しみましょう。

またコーヒーショップでもミルクブリューを扱うところが増えてきているので、いろいろなお店に足を運び、さまざまな味わいのミルクブリューを楽しんでみましょう。

SNSでシェアする