猿田彦珈琲焙煎のコーヒー豆を使用したフローズンデザート発売

12月16日(木)より全国発売

猿田彦珈琲焙煎のコーヒー豆を使用したフローズンデザート発売

三菱食品株式会社は、スイーツブランド「&“me time”(アンドミータイム) フローズンデザート」より、スペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」が焙煎したコーヒー豆を使用した新商品2品を12月16日(木)より全国で発売します。

コーヒー豆を粉砕加工して使用

今回発売される「&“me time” フローズンデザート」は、「珈琲ティラミス」と「珈琲セミフレッド」の2品で、猿田彦珈琲が焙煎するコーヒー豆を粉砕加工して、そのまま使用したフローズンデザートです。

特徴は、デザートの甘みとのバランスを試行錯誤した上で、ブラジル産のコーヒー豆を厳選して使用し、風味や食感がちょうどよい粒の大きさにこだわって粉砕しているので、猿田彦珈琲のコーヒー豆の香りや風味をしっかりと楽しめます。

また、普通は解凍の手間がかかるフローズンデザートながらも、半解凍で食べられるように作られているので、冷蔵庫から取り出してすぐ食べられて、出してすぐは冷たいサクッと食感を、10分程度たつとトロッととろける食感と、食感の変化も楽しめます。

希望小売価格はオープン価格で、ナチュラルローソンにて11月16日(火)より先行発売、12月16日(木)より全国発売されます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース(PDF)
https://www.mitsubishi-shokuhin.com/

SNSでシェアする